メープル・リーフ・カフェの日々の出来事と想い
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:44:34
20090218154430
すみれと言えば春。
すみれと言えば山道にひっそりと咲く。
すみれと言えばほのかに甘い蜜を学校帰りに摘みながら舐めた。
すみれと言えば私の連れ合いが一番好きな花、
すみれと言えばタカラジェンヌ。


そして
私ならやはりすみれの花の砂糖漬けなのだ。

田舎者の私は、鹿児島のそれまで見たこともない丘の上のカトリックの女子校に通った。

何もかも違う学校のなかの寄宿舎で環境の違う個性的な学友や先輩たち。
そしてシスターたち。

不便で窮屈な毎日に加え。敬語や掃除のしかた。食事の配膳や食べ方など。
ついてゆくのに精一杯。

どうしてこんなに自分が無知で無駄な生き方したんだろう。
16才の私は必死だった。
私の町からはただひとり。同じように仲良くするには自分が変わるしかない。

特技のピアノはクラスのほとんどが私より上手い。

何かないかな。
みんなよりできること。

やっと見つけた特技はお菓子作りと料理。
とは言え
実家には月に一度しか帰れない。

本屋に行き綺麗なお菓子がいっぱいの飯田深雪さんの本を買った。

その本には
すみれの花の砂糖漬けが
真っ白い生クリームのケーキにのっていた。
いつかこんなケーキを作りたい。
いったいどんな味がするんだろう。

それからは
ケーキ屋さんを覗く度に探した。けれど見つけられなかった。

あぁ やはり東京にしかないのかな。
鹿児島じゃ無理かな。

現在のようにネットで簡単に検索できる時代ではなかった31年前。

高校2年の春
それが叶った。同級生の誕生日にその子の両親が寮生全員に差し入れてくれたケーキ。

白い生クリームに憧れのすみれの花の砂糖漬けがのっていた。

綺麗なすみれ色。
甘くてほろりと溶けた。
あれからもうずいぶん経って、自分の店を持ったとき。
お菓子の材料屋さんで見つけたすみれの砂糖漬けをデコレーションに使ったことがある。
かれこれ10年くらいになるかな。

懐かしい味が恋しい。
なぜなら画像のすみれを砂糖漬けにして加工しようとしてるブログを見つけてしまったから。

仲良しのブロガーさん。

びっくりしたよ。まさか自分で毎年加工するひとが身近にいたなんて。

画像までいただいて記事を長々と書いてしまいました。

今度は私が作るのに挑戦してみます。



すみれの俳句を眺めたら
心まで春いっぱいになりました。


私の好きな句を少し紹介。


「菫程な小さき人に生まれたし ♪夏目漱石」

「よきことは遠くにありてすみれ籠 ♪草間時彦」
「非力なる男を愛すすみれ草  ♪近藤愛」

「突き放す水棹や岩のすみれ草 ♪高浜年尾」


もういっぱい咲いてるね。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://sauthgate.blog66.fc2.com/tb.php/511-311ae898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ぺたるろーず

Author:ぺたるろーず
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
Amazon人気商品
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。